NIPPON QUALITY in Giftshow/

ギフトショーの中でも存在感を出せたNIPPON QUALITYブース

3日間の出展が終了しました。

今年のNIPPON QUALITYブースは、昨年のブース形状を踏襲しつつも、昨年のブースで出てきた課題をさらに改善したブースになっています。
4月よりブースデザインを開始し、7月の出展者説明会では、出展社さんに向けてブースデザインセミナーを開催、展示会出展の際にどのようにブースを作ればいいのか、お伝えすることから始まり、今回のブースの使い方(立ち方や待ち方も含め)の説明を行いました。

昨年のNIPPON QUALITYブースでは、アンケートによる出展者満足度100%満足を達成し、1社当たりの商談数・成約金額等は3倍から5倍の実績を記録しました。

その昨年のNIPPON QUALITYブースから改善を加えた今年のNIPPON QUALITYブース。
最終日の展示会終了後、関係者でアンケート結果などを集計しました。

出展者満足度は100%、商談件数も過去最高を記録

出展者満足度は、昨年に引き続き「満足100%」
そして、成約金額(全体)は昨年比2.4倍。
成約件数、1.4倍。
商談件数、2.1倍という好記録を達成しました!
加えて今年は、「ここに出展したいのですが」というお問い合わせも多数いただいただけでなく、ブース周囲でも「ここに出したいんだよね・・」という「つぶやき」も多く聞こえてきました。
ギフトショーの中でも、一つのステータス・地位を確立してきたかな、と感じます。

来年への課題

とは言え、32社様の出展者様、全員が全員とても結果が良かったわけではなく、やはりどうしても出展社様によって結果がことなります。商品の内容による、と言ってしまえばそれまでなのですが、ブースでフォローできることも多くあると思いますので、来年は更に皆さんが良い結果を出せるように、ブースを改善しようと思います。

出展者の皆様にとっては、展示会終了後のこれからが大切な時期ですね。皆さんの商品が今後日本国内の様々な店舗にて見られることを楽しみにすると共に、海外に展開されることを関係者一同楽しみにしています。

当社主催のブースデザインセミナーはいかがでしょう?

ご要望があれば当社の過去の事例を基に集客ができるブースづくりについてのセミナーを行います。当社主催でも定期的に開催していますが、ご要望があれば全国どこででもお伺いいたします。展示会に出展しているけど、集客のコツを知りたい。どんな風に出展を考えていけばいいか分からない。当社にはよく各種産業の組合様や行政の方からのお問合せをいただきます。詳細は直接当社までお問合せください。