EXHIBITION|SC BUSINESS FAIR2018 SCビジネスフェア2018
HALL|パシフィコ横浜
SIZE|6m×3m×2.7m(2小間)
CLIENT|東洋メディアリンクス株式会社 様

SCビジネスフェアブースデザイン

SCビジネスフェアブースデザインSCビジネスフェアはSC(ショッピングセンター)の関係者が集まる展示会です。大手デベロッパーの企業をはじめSCを支えるサポート企業まで多くの出展社が毎年出展されています。東洋エディアリンクスさんはその中でも「音と香りと映像」で空間演出を行う専門家として出展されました。よくSCの中のイベント会場で、どっからともなくいい香りが漂ってくる、そんな空間の仕掛けを行っている会社様です。

今回の出展に当たって初めに色々とお聞きしたところ、今回のターゲットは来場者というより「出展社」とのことでした。それならば、と当社としては、「何度も来たくなるようなブースにしましょう」とご提案いたしました。通常、展示会では来場者の方は会期中そう何度もやってきません。ほとんどの方が一度全体を見て回られると、今回の展示会チェックはこれで終わり、という感じでそれぞれの会社に戻られると思います。しかしながら、出展者の方々がターゲットだと、会期中、休憩がてらでも何度か来ていただける可能性があります。

そのような理由から、まず「時間によって香りなどの演出を変える」という方法のご提案を行い、ブース内部をその「イベント会場」のように捉えてデザインのご提案を行いました。

内部のイメージは会期中どんなイベント内容でも合わせられるように「白」で統一。中央のテーブルでその時間のテーマに合わせた「イベント」が開催される、という考え方です。

ブース内でイベントを行う、ということは展示会出展上他の効果もあります。それは「滞留時間が長くなる」ということ。

来場者の滞留時間が長くなれば、ブースにより賑わいが生まれます。

ブースに滞留する場所を作ることができれば、来場者心理を考えた場合、「なんのブースだろう?」となります。

そこで、ブースの上部には、「音・香り・映像で空間演出」というキャッチの言葉を設置するようにします。遠くからも視認できるように大きな文字で。

このようにキャッチの言葉をしっかり選んで掲示しておくと、この言葉に反応した来場者が集まってきてくださいますので、つまり「見込み客」が比較的多く含まれている、ということになります。

これらの他、このブースには様々な考え方でデザインを行っています。

例えば、外観の色をカラフルにしているのは、遠くからでも視認しやすいように、つまりは目立つように、ということと、内部に香りの瓶を大量に陳列しているのは、「なんだろう?」と思っていただくためであり、「中に入ってみよう」と思っていただくための仕掛けなのです。

このように、望むターゲット層がしっかり集まるような工夫をこのブースでは数多く行っています。

そして、展示会が終了した時の結果は、というともちろん十分な成功です。

展示会後様々なところから引き合いがあったとのことで、次回2019年のSCビジネスフェアでは、倍の面積4小間でご出展となります。

当社としては、昨年以上の結果を出すよう、今からお客様と共に様々に検討しています。

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

2021.9.16@品川 ブースデザインセミナーご予約受付中

PENGUIN REPORT/ 展示会「業界関係者向け」セミナー

ペンギンリポートは、当社が日頃業務を行った際に気が付いたことをまとめて発信いたします。今回は現在のコロナ下で当社が携わったブースの中で、試したことや気が付いたことなどを取りまとめ、今後どのように展示会を検討していけば業務がうまくいくのか、事例を交えながらお話しいたします。