展示会出展企業の出展成功をサポートする「空間デザイン会社」

当社は展示会のブースデザイン及びブース装飾に特化した「空間デザイン会社」です。
展示会ブースを考える「デザイン会社」の中でも、「空間デザイン会社」であることが特徴。
「デザイン会社」と言っても「2次元系のデザイン会社」なのか「3次元系のデザイン事務所」であるかによって、ブースの検討方法が異なるのです。その違いとは、「空間デザイン」に関する認識の違い。「来場者の心理」を軸にしたブース構築法は、空間デザイナー独自の思考法です。そして、ブースでの集客は「来場者の心理」を見据えた「空間デザイン」でなければ実現することは難しいのです。当社は、業界の中では、集客を徹底的に考える会社として認識されています。デザイン会社ではありますが、設営・施工は当社提携の設営会社(装飾会社)に依頼し、出展をまるごとサポートいたします。設営会社と離れているという利点を活かし、ブースの造りこみや出展結果を重視したブースデザインの提案を行っています。当社が大切にしていることは「出展者様に出展成功していただく」こと。ただ作るだけじゃない、デザインするだけじゃない、「成功をデザインする」ということ。そのために、時には出展者様のお考えに対して「それは違うと思います」「むしろこうした方が」という意見は遠慮なくお伝えさせていただいています。
「今回の出展は必ず成功させたい」という出展者様、是非お声がけください。

  • 実際の「成功事例」を基にデザイン手法を体系化
  • 「独自の集客デザイン手法」をベースにブースをデザイン

展示会出展で出展の効果を出すためには、高めるためには、どのようにブースを考えればいいのか。
ブース集客方法について具体的な「デザインの方法」「ブース形状」にまで踏み込んで解説しているWEBサイトはほとんどありません。当社がお伝えしている集客方法、デザインの方法は、当社が実際に自社デザインのブースにおいて試してみたもの、その中で実際に集客に成功した方法を体系化したもの。これらは当社が展示会ブースをデザイン・装飾検討する上で根幹となる考え方です。全てが机上で検討した「理想的な論理」ではなく、実際に試して結果を出した「スーパーリアル」とも言うべき内容です。実際に出展の効果を出すためには、現実を直視する必要があります。例えば、壁面のパネル。多くの出展者がA1サイズのパネルを掲げますが、実際にどれだけの来場者が読んでいるでしょうか。また、会社名をブースの上部に掲げるだけで本当に来場者は寄って来るのか。キャッチのコピーを長々とブースに掲げて、本当に読んでもらえるのか。そんな、「現実」を直視しながら、来場者の心理を考えてブースを検討しなければ、来場者は集まってきません。実際にやってみて、結果を出しているからこそ語れる現実的な手法。本当の意味で、出展の効果を出すためには、来場者を集客するためには、ブースに人を集めて賑わうようにするためには、その「スーパーリアル」な状況を見据えた上で、ブースをデザインしていくことが大切です。ここでは、それら当社がこれまで、実際に試してきたこと、失敗してきたことを教訓化し、体系化して掲載しています。ご興味のある方、是非当社主催の展示会セミナーにもご参加ください。

COMPANY PROFILE

所在地/東京都品川区上大崎3-10-50 SEED花房山405
TEL/03-6417-4497

WEB SITE/ https://www.superpenguin.jp/

LOCATION

JR山手線 目黒駅 徒歩3分
東急目黒線 目黒駅 徒歩3分

2021.9.16@品川 ブースデザインセミナーご予約受付中

PENGUIN REPORT/ 展示会「業界関係者向け」セミナー

ペンギンリポートは、当社が日頃業務を行った際に気が付いたことをまとめて発信いたします。今回は現在のコロナ下で当社が携わったブースの中で、試したことや気が付いたことなどを取りまとめ、今後どのように展示会を検討していけば業務がうまくいくのか、事例を交えながらお話しいたします。