「NIPPON QUALITY」出展社説明会にて、ブースデザインセミナーを行いました。
3月に食品系の展示会「FOODEX」が幕張メッセにて行われるのですが、その会場の中に中小企業基盤整備機構主催の海外販路開拓支援ブース(中小企業約40社が出展する合同ブース)があります。そこに出展される会社様へのセミナーですね。
昨日はその出展社説明会。
皆さんの出展がどうすれば成功するか、ブースのつくり方について、その考え方から会期中の立ち方・待ち方までお話してきました。
展示会のブースは、基本的には業種を問わずどの業界のブースでも共通する考え方がまずあります。例えば小間位置の分析とかキャッチの言葉をどのように考えるか、など。
その上で、展示会の特徴に応じたブースの設え方があるのですが、今回は食品系ですので、皆様には食品系の展示会で気を付けることについて特にお話してきました。食品系の展示会では文具などの展示会のようにシンプル、すっきり、といったブースでは来場者を集めることは難しいんですね。コツは「センスの良いにぎわい」感を出すこと。
ただ派手なだけだったり、にぎやかなだけではダメなんですね。
計算ずくのセンスの良いにぎわい感が大切です。
また、食品系展示会では「試食」が来場者の方との接点のメインになってきます。
ですので、その試食を配る方も「スタッフ」というより「ブースの一部」と考えるべきで、来場者の多い通路内において目立つようなユニフォーム・服装が重要になってきます。
できれば、ブースのイメージとユニフォームのデザインを揃えていると統一感の取れたブースイメージ(=商品・ブランドイメージ)を訴求させることができますね。
短い時間で多くのことをお話させていただきました。
あとは3月の会期の時に実際にアドバイスに伺えればと考えています。
みなさまの出展が成功しますように・・・。

Boothdesigned by SUPER PENGUIN INC.

www.superpenguin.jp

集客できる展示ブースのノウハウお教えします|2018年12月7日@銀座

東京ビッグサイトなどで行われる展示会へ出展する出展者に向けて「集客のできる展示ブースの作り方」に特化したセミナーを開催します。

ブースの作り方でいかに展示会の集客が変わるかを知っていただくことを目的とし、セミナー終了後、自社ブースにてすぐに試せることを最低3つ持ち帰っていただくことを目標とします。