EXHIBITION|SC ビジネスフェア 2019
HALL|パシフィコ横浜
SIZE|36㎡
CLIENT|東洋メディアリンクス株式会社

香りと音と映像で空間を演出する会社のブース。「その空間はまだ進化できる」ことをサービスとするこの企業のブースを表現するために、ブース全体を「キャンバス」と見立ててデザインを行っています。全体の基調色を白としたブースの各所には映像機器や音源、香りのディフューザーなどを配置。空間自体を「背景」とすることで、それらの商材を「主役」に感じるようにしています。また、ブース内では香りをテーマとしたワークショップを時間帯によってテーマを分けて実施。これにより、ブース内に常に来場者を滞留させることで、ブース内に来場者が入りやすいよう工夫を行っています。

Afterコロナの新形式の展示会[PHASE]

出展社不在・来場者のみの「半リアルの展示会」を開催します。
「オンライン展示会」ではなく、あくまでも「リアル」にこだわり、現在のコロナの状況下でも開催できる方法を模索しました。
製品のみを出展し、出展者自身は遠隔参加、バイヤーのみが来場する形式です。
業界最大の展示ブースへの集客力を誇るSUPER PENGUINのノウハウを全投入し実現致しました。
本展示会はオンラインではなく、完全なリアルでもない、WITH/AFTER コロナ時代における新しい「リアル展示会」の形式と初お披露目いたします。