EXHIBITION|INTERNATIONAL JEWELLERY2018 国際宝飾展2018
HALL|神戸国際展示場
SIZE|6m×2.7m×2.7m(小間)
CLIENT|株式会社優美堂 様

INTERNATIONAL JEWELLERY国際宝飾展にご出展の優美堂さん。
前回、東京開催の時も当社は初めてご依頼いただきブースデザインをいたしました。今回は神戸国際展示場にて開催。
ブースの小間サイズは東京の時と同じになります。東京のブースデザインを気に入っていただいた事もあり、今回も基本的には同じイメージでブースを制作する事にしました。

小間のサイズは2.7m×6m、2面開放の角小間になります。ブース全体は黒とゴールドを使用。壁面グラフィックはホームページとリンクするイメージに。宝飾展という事もあり、全体に高級感を与えるブースイメージにしています。

照明は通常使用するLEDに加え、上部梁から展示台にある商品をスポットライトであて、実際の店舗同様のディスプレイを演出しました。商品はひとつづつ丁寧に白いケースに置き、キャプションを全ての商品に設置。商品だけでなく、ディスプレイも美しくきれいに。購入用の袋もブースと同じく黒、ロゴはゴールドで高級感があります。
会期中は終始来場者が展示台に集まり、商品に見惚れていました。

国際宝飾展2018の展示会ブースデザイン装飾
ブース全体を黒とゴールドに。
国際宝飾展2018の展示会ブースデザイン装飾
説明が長くなりそうな場合を考え、ハイカウンターとハイチェアを設置。
国際宝飾展2018の展示会ブースデザイン装飾

国際宝飾展2018の展示会ブースデザイン装飾
展示台は掘りこんで商品をディスプレイ。キャプションもそれぞれに置ききれいに並べています。

国際宝飾展2018の展示会ブースデザイン装飾
壁面にはホームページとリンクするグラフィックを入れ、パンフレットもきれいに設置。
国際宝飾展2018の展示会ブースデザイン装飾
来場者が一番通る角度からは高級感のあるブース全体が見えます。

国際宝飾展2018の展示会ブースデザイン装飾

国際宝飾展2018の展示会ブースデザイン装飾

国際宝飾展2018の展示会ブースデザイン装飾

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

2021.9.16@品川 ブースデザインセミナーご予約受付中

PENGUIN REPORT/ 展示会「業界関係者向け」セミナー

ペンギンリポートは、当社が日頃業務を行った際に気が付いたことをまとめて発信いたします。今回は現在のコロナ下で当社が携わったブースの中で、試したことや気が付いたことなどを取りまとめ、今後どのように展示会を検討していけば業務がうまくいくのか、事例を交えながらお話しいたします。