EXHIBITION|N PLUS エヌプラス
HALL|東京ビックサイト
SIZE|6m×3m×3.1m(2小間)
CLIENT|富士フィルター工業株式会社 様

富士フィルター様は産業用フィルタの専門家。その用途は広く、「一般科学、食品、医薬品、自動車、航空・宇宙、家電、ITなどだけでなく、グリーンエネルギーやクリーンエネルギーなどのエネルギー分野でも幅広く使用されています」(富士フィルター工業株式会社様HPより抜粋)

今回の小間サイズは2小間。富士フィルター様のような専門的な会社様の場合、その専門性を全面に出した方が、来場者に伝わりやすくなります。

その観点から、ブースでは2つのキャッチコピーを使用しています。

1つは「産業用フィルターの総合エンジニアリングメーカー」、というもの。ただ、この文章だけでは、来場者が視認するためには、時間が掛かってしまうので、ブースの正面には単刀直入に、「フィルターのことなら富士フィルターに聞こう」という文字を入れるご提案をさせていただきました。

フィルターといってもその用途は幅広く様々なタイプのものがあります。

そこで、その用途や種類を細かく説明するよりも、「フィルターのことで困ったらまず当社に聞いてくださいね」というスタンスを打ち出すことが大切なのでは、と考えています。ブースを訪れた来場者の方に「なるほど。フィルターのことで困ったらまず富士フィルターさんに聞けばいいんだね」と言ってもらえれば、出展の目標の半分はクリアしたと言ってもいいと思います。

エヌプラスブースデザインの様子

エヌプラスブースデザインの様子

エヌプラスブースデザインの様子

エヌプラスブースデザインの様子

エヌプラスブースデザインの様子

エヌプラスブースデザインの様子

エヌプラスブースデザインの様子

キャッチコピーの前には商品をざっくばらんに置くようにしています。

あまりきれいに置きすぎると来場者に手に取っていただけないこともあるため、状況次第ではありますが、このように商品をランダムに置くことも効果的になります(特に材料系の場合が有効です)
エヌプラスブースデザインの様子奥の壁面には、フィルターの代表的な商品を展示しています。壁面に書くだけでなく、一部をパネル化して手に取って読めるようにし、興味を持った方にはそのパンフも自由に持って帰っていただけるよう、パネルの下には各種パンフを設置しています。

エヌプラスブースデザインの様子商品の傍に商品説明のためのパネルをランダムに置いています。

商品を見た来場者の方が自由に手に取れるように敢えてざっとした置き方をしています。

当社主催のブースデザインセミナーはいかがでしょう?

中小企業基盤整備機構のNIPPON QUALITYで5倍の成果を出した空間デザイナーが、集客できる展示会ブースの基本をお伝えするセミナーです。

展示会に関わる立場によって、内容の異なるセミナーを定期的に開催してます。ブースの作り方でいかに展示会の集客が変わるかを知っていただき、みなさまの展示会出展が成功に近づくことを目標とします。