EXHIBITION|Gift Show Autumn2018 ギフト・ショー秋2018
HALL|東京ビックサイト
SIZE|6m×3m×2.7m(2小間)
CLIENT|株式会社マルアイ 様

 

マルアイ様は「ありがとう」「ほんの気持ち」などの付箋に代表される紙製品を扱われる文具メーカーさんです。

ギフトショーには、その「こころシリーズ」の他、東急ハンズさんやLOFTさんに行った際によく見かける商品、それに加えて新商品を展示されています。

ギフト・ショー秋2018ブースデザインの様子

ギフト・ショー秋2018ブースデザインの様子今回の小間のサイズは2小間。手前に通路があり1面のみが開いているタイプのブースです。

まずブースの手前通路際に展示台を置きます。当社では、ブース内の展示台をまず通路際に置くことをお勧めしています。多くのブースを回りたいと考えている来場者は、すぐにはブース内に入ってはこないためです。

マルアイさんのような紙製品を扱っている会社様の場合、展示台の高さは低めに設定しています。薄い紙を立てて置かず敢えて平台の上に置き、展示台全体を上から俯瞰していただくような置き方にしているのです。

ギフト・ショー秋2018ブースデザインの様子

上部の梁は、照明設置用の梁。

この部分に照明器具を取りつけ、背後の壁面、そして通路際の展示台、そして左右の壁面サインを照らす役割を果たしています。
ギフト・ショー秋2018ブースデザインの様子

ギフト・ショー秋2018ブースデザインの様子

ギフト・ショー秋2018ブースデザインの様子デザインにこだわった商品を展示する場合、あまりごちゃごちゃと壁面や展示台を装飾することは好ましくありません。それよりも、「いかに商品をしっかりと見せるか」「いかに引き立てるか」に注力します。そのためには商品の余白に気を配りながら整列させて配置、キャプションやサインを設置して印象を高めるようにします。

ギフト・ショー秋2018ブースデザインの様子

ギフト・ショー秋2018ブースデザインの様子

ギフト・ショー秋2018ブースデザインの様子

ギフト・ショー秋2018ブースデザインの様子

ギフト・ショー秋2018ブースデザインの様子通路際に展示台を置き、その周りに来場者が集まるようにすると、遠くからでもその人の集まりを視認することができ集客に有利になります。

Afterコロナの新形式の展示会[PHASE]

出展社不在・来場者のみの「半リアルの展示会」を開催します。
「オンライン展示会」ではなく、あくまでも「リアル」にこだわり、現在のコロナの状況下でも開催できる方法を模索しました。
製品のみを出展し、出展者自身は遠隔参加、バイヤーのみが来場する形式です。
業界最大の展示ブースへの集客力を誇るSUPER PENGUINのノウハウを全投入し実現致しました。
本展示会はオンラインではなく、完全なリアルでもない、WITH/AFTER コロナ時代における新しい「リアル展示会」の形式と初お披露目いたします。