EXHIBITION|Gift Show 2021 ギフト・ショー2021
HALL|東京ビックサイト
SIZE|15m×3m×2.7m
CLIENT|SUPER PENGUIN株式会社

「ギフト・ショー2021」での出展。
ギフト・ショーは、42年に渡り開催されているパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市です。出展社は、文具・玩具・アパレル・服飾雑貨などあらゆる商材のメーカーや商社、来場者は メーカーの商品開発・デザイン担当者、小売業のバイヤー、版権や媒体ビジネスに携わるライセンサー、出版社・食品・外食産業を中心に構成されています。


ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾
通路に沿って並べた8つの展示台。
通路際に展示台を設置することで、来場者は気軽な気持ちでブースへ入り、商品を見ることができます。逆に、ブースの奥側に展示台があったり、商品が設置されていると来場者はなかなかブース内部へ入ろうとはしません。

当社は、来場者は基本的に「つかまりたくない」と思っていることを前提にブースづくりを行っています。つかまりたくないと思っている来場者に対して、どうすれば「寄りたい」とブースに興味を持ってもらえるか、そして、いかに滞留時間を伸ばすかがブースデザインをする上でのポイントになります。

ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾
ブース外側には、パンフレットラックを設け、来場者が自由にパンフレットを取れるようにしています。「パンフレットだけでも貰っていこう」と思わせることも、ブースへ近づいてもらうために効果的です。

ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾
梁は最小限にし、オープンな雰囲気のブースにしています。

ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾
インフォメーションカウンターには、当社が制作してきた模型を並べました。
来場者がブースへ興味を抱く・近づいてくるきっかけを用意することで、ブース集客の効果につながります。ブースへ近づいてもらう・入ってもらうには、ブース自体に興味を抱いていただくことがとても重要です。興味を抱かせるきっかけは様々ですが、キャッチや商品の並べ方を一工夫するだけで結果が大きく変わってきます。
ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾

ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾
白く、キャッチもシンプルなブースですが、パンフレットを黄色一色に仕上げそれらを陳列させることで特徴的なブースにすることができます。
ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾

ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾
パンフレットを並べているだけではありますが、とても目立つデザインに。

ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾

ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾

ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾

商品を並べた手前には、それぞれの企業様の情報や商品に関する紹介文等を書いたパネルを設置しています。
ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾
連絡先を記載し、バイヤーの方から直接連絡をしていただく仕様です。
どこの都道府県なのかを記載することも会話のきっかけにつながります。
ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾
ワークス松下様の商品。
SUPER PENGUINのロゴを入れていただき、オリジナルのさんすけや15cm定規を制作しました。
ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾
商品によって、ディスプレイも様々です。
入れていただきたい店舗やイメージに合わせて、商品をディスプレイすることが大切です。

ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾
証明は商品に直接当てるのではなく、壁面を狙って当てています。
壁面が白い場合、光を反射しより明るく見えるブースにすることができます。

ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾

ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾

ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾

ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾

ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾

ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾

ギフト・ショー2021の展示会ブースデザイン装飾
模型近くにはキャプションを用意。商品ディスプレイの際もそうですが、キャプションを用意することで商品に対する見え方・印象が大きく変わります。
小さなことですが、キャプションを用意することもブースや企業イメージを高めるために効果があります。

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

まずは当社の実際のブースを見てみませんか?

DESIGN TOKYO・国際文具紙製品展・展示会ブースデザイン装飾
現場でご案内します。直近の展示会。

当社がご提案するのはブースの「デザイン」ではなく「展示会出展に成功するためのデザイン戦略」です。
御社にとって、私たちに何ができるのか。会ってみないと分からない部分もあるかと思います。当社はこちらから電話等で営業をすることは一切ありません。もし、気になって「話を聞いてみたい」と思われたら、是非、ご連絡ください。