EXHIBITION|28th Japan IT Week Spring 第28回 Japan IT Week春-後期
HALL|東京ビックサイト
SIZE|9.0 m×2.7 m×3.0 m(1.5 小間)
CLIENT|伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 様

伊藤忠テクノソリューションズ様、今回はTOCAROというサービスを出展されています。既に認知度が広がっているオンラインストレージサービスの「BOX」と連携できる「ビジネスチャットツール」で、企業内の新しいコミュニケーションツールとしてPRを行います。既に認知度のある「BOX」のサービスを利用しているお客様をメインのターゲットとするため、ブースの壁面にはBOXとTOCARO、2つのことについて記載しています。

今回の小間形状は2面開放の角小間。メインの通路から1本奥に入っている場所にあるため、遠くから視認しやすいようにブースのベース色を青にしています。

また、「滞留時間の長くなる場所」=体験カウンターを角部分に設けることで、この角部分に長く来場者がいる状況を作り出すようにしています。これにより、ブースに常に来場者がいる印象を作り出し他の来場者が近づきやすくなる工夫をしています。

体験カウンターの奥の壁面にはTOCAROとBOXの説明が書かれています。

これは、カウンター上で話している最中に「あれがですね・・」と壁面を指し示せるようにしています。

壁面にいろいろと書き込んでも来場者に読んでいただけるとは限りません。今回は、カウンターで商談をしている前に掲載することで自然な形で使えるようにしています。

体験カウンター、PCの横には、バインダーに入った資料を設置。

実は、これは営業の方が使用するサービス説明用のパワーポイント資料。

PPTの資料をそのまま置いておくと、「触ってもいいのかな?」と来場者は気軽に触ることができないかもしれません。

このようにバインダーに入れて、見やすいように背面を立てるように展示しておくと、PCが埋まっていて使えない時に来場者が自分から自然な形でこの資料を見だすように設置しています。もちろん、スタッフがこのファイルを手に取って説明するのもOK. 日頃営業で使用しているパワーポイントの資料もこのように設置すると活用の幅が広がります。

2020.5.21@品川 ブースデザインセミナーご予約受付中

METHOD / 展示会ブースにおけるディスプレイと待機方法の手法[展示会出展者向け]

コロナ状況下での展示会出展。その中で確実に出展の成果を出すためにはどのようにすればいいのか。最新の展示会の状況と実際のブースの事例を基に、出展成功のための手法をお伝えいたします。