EXHIBITION|JPCA Show2019 JPCA Show2019
HALL|東京ビックサイト
SIZE|9.0 m×3.0 m×3.6 m(3.0 小間)
CLIENT|株式会社ジュッツジャパン 様

ジュッツジャパンさんは上海に本社を持つ検査装置メーカーの日本法人です。実装基板の2D/3D外観検査装置、レーザーマーカーを製造しています。今回、出展する展示会はJPCA Show。ブースの小間サイズは9m×3m高さ3.6mの3面開放になります。

ジュッツさんの扱われる商品はボードの外観検査装置となり、高さが1.8m近くのものになります。 今回のブース位置は会場の一番奥、通路を挟んだ正面は、向かいのブース壁面で塞がれている状態。位置的には決していい位置ではありません。更に、ブースの上部は低い天井、両横には柱もあり小間位置に恵まれない状況でした。どのようなブースデザインにすべきか。今回は敢えて梁を付けず、オープンなデザインにしてみました。低い天井で囲まれたことをいいことに、照明は奥壁面上部に設置し、白い壁面に向けてあてる事で反射し、上部も天井で囲まれていることで更に明るくなります。サイドの壁面は斜めにデザイン的にかっこよく表現してみました。

今回実際にブースに設置する商品は2つ。その商品を正面に丁寧に並べています。通路から横並びでスタッフが説明できるように設置しています。通路際には多目的台を設置。こちらは商談やスタッフ待機用とその場に応じて使用できる台を設置しています。お客様にパンフレットをお見せしながら説明する時に使用したり、スタッフが何か作業をしたりと多目的台があると便利なのです。奥壁面は掘りこみを造り、スティックライトを仕込んでふんわりと光らせます。こうする事により、高級感も出すことができ、全体のイメージ感がよくなります。床はグレーで再度壁面と同じく。ベースのグレーに奥壁面の白が際立ち浮き出て見えるようにしています。
JPCA Show2019の展示会ブースデザイン装飾
低い天井と柱に囲まれたブース位置。そのようなブース位置となった場合でも、壁面の白を際立たせ照明を明るくすることで存在感を出すことができます。
JPCA Show2019の展示会ブースデザイン装飾
通路側に商品を設置、スタッフは来場者と横並びで商品説明をしやすいようにしています。
JPCA Show2019の展示会ブースデザイン装飾
奥壁面の後ろは倉庫となっていますが、正面からはあえて出入口も見えないようなデザインにしています。
JPCA Show2019の展示会ブースデザイン装飾
壁面にはシンプルに商品の名前を表記。
JPCA Show2019の展示会ブースデザイン装飾
照明は壁面上部に取り付け白の反射を受けブース内は更に明るくなるようにしています。

JPCA Show2019の展示会ブースデザイン装飾
壁面部分には掘り込みを入れ、照明も仕込み、商品ラインナップのグラフィックを際立たせています。パンフレットはパンフレット置きを使用せず、ワイヤーを使ってシンプルにセンス良く設置。

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

まずは当社の実際のブースを見てみませんか?

DESIGN TOKYO・国際文具紙製品展・展示会ブースデザイン装飾
現場でご案内します。直近の展示会。

当社がご提案するのはブースの「デザイン」ではなく「展示会出展に成功するためのデザイン戦略」です。
御社にとって、私たちに何ができるのか。会ってみないと分からない部分もあるかと思います。当社はこちらから電話等で営業をすることは一切ありません。もし、気になって「話を聞いてみたい」と思われたら、是非、ご連絡ください。