EXHIBITION|Beauty World Japan 2019 ビューティーワールドジャパン2019
HALL|東京ビックサイト
SIZE|6.0 m×9.0 m×4.5 m(3.0 小間)
CLIENT|株式会社ハイサイド・コーポレーション 様

ビューティーワールドジャパンに出展のハイサイドコーポレーションさん。
ハイサイドさんは最新の化粧品成分を用いた化粧品の開発、販売を中心にされています。

今回ブースのサイズは6m×9m、高さは4.5mまで上げています。今回、出展メインとなる商品は大きく2ブランドに分かれ、WOVE styleとREVIVE ROSEになります。カラーもそれぞれオレンジとピンク。今回はブースの半分をWOVE style、半分をREVIVE ROSEとしたブースデザインにしています。ブースの形状としては、3面開放型。隣のブースとの隣接した壁面の他、今回はもう1面を上部半分壁にして看板的な形状にしました。それによりブースの内側に2面壁ができ、1面にWOVE style、もう1面にはREVIVE ROSEのグラフィックを入れました。通路面外側の上部壁には WOVE style とREVIVE ROSE両方のロゴと文言のグラフィックを入れました。モニターも設置して、イメージ動画を流しています。モニターの設置方法は壁面に埋め込みすっきりとフラットに見せるようにしています。

通路面外側の壁面は上部から照明をあてています。ブース内は上部に梁をつけ、ブース全体を明るく照らすように照明器具を設置しています。2つのブランドを壁面グラフィックだけでなく、色で2つのブランドを強調しようとタペストリーを制作。上部梁から展示台に向けて斜めに吊るしてみました。
今回、ブースの高さが4.5mある為、上部からタペストリーを吊るしブースの空間ちょうど目にとまる位置にあることで来場者の目に止まりやすくなっています。

当社は必ず会期初日の午前中は会場に行き、それぞれのスタッフさん達に、立ち方待ち方のアドバイスと調整をしに行きます。実際に会場へ来場者が入ってからの人の流れを見て、ディスプレイの微調整もしています。 このはじめの調整で集客は結構変わるものなのです。
ビューティーワールドジャパン2019の展示会ブースデザイン装飾
ブースに2ブランドをわかりやすくグラフィックとタペストリーで入れています。
ビューティーワールドジャパン2019の展示会ブースデザイン装飾
会期中、ハイサイドさんのブースにはきっちり人が集まってくれました。通路際の展示台には人が群がっていました。
ビューティーワールドジャパン2019の展示会ブースデザイン装飾
メイン通路は来場者が入りやすいように開放的に。
ビューティーワールドジャパン2019の展示会ブースデザイン装飾
ブランドごとに設置した展示台には商品とキャプションを丁寧にディスプレイ。テスターも用意し、来場者が実際に商品を試せるようにしています。商品の説明POPも並べています。

ビューティーワールドジャパン2019の展示会ブースデザイン装飾

ビューティーワールドジャパン2019の展示会ブースデザイン装飾

ビューティーワールドジャパン2019の展示会ブースデザイン装飾

ビューティーワールドジャパン2019の展示会ブースデザイン装飾

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

まずは当社の実際のブースを見てみませんか?

DESIGN TOKYO・国際文具紙製品展・展示会ブースデザイン装飾
現場でご案内します。直近の展示会。

当社がご提案するのはブースの「デザイン」ではなく「展示会出展に成功するためのデザイン戦略」です。
御社にとって、私たちに何ができるのか。会ってみないと分からない部分もあるかと思います。当社はこちらから電話等で営業をすることは一切ありません。もし、気になって「話を聞いてみたい」と思われたら、是非、ご連絡ください。