EXHIBITION|NEPCON JAPAN2018 ネプコン
HALL|東京ビックサイト
SIZE|9m×5.4m×3.6m(小間)
CLIENT|KCE COMPANY LIMITED 様

NAPCON JAPANにご出展のKCE COMPANY LIMITEDさん。KCEさんは、プリント回路基板の製造・輸出に従事するタイの会社です。今回、小間のサイズは9m×5.4m、高さは3.6mにしています。会場小間位置は3面開放。今回ブースのレイアウトとしては、パネルと展示台、プレゼンスペース、商談と3つのエリア分けをしています。通路の一番見える位置にはプレゼンスペースとし、モニターとステージを設置。会期中は1日に何度かプレゼンを行います。今回はMISS TILANDの女性が来られ、商品の説明をされていました。タイの会社ならではの華やかさがブースを更に引き立てています。

ブース内はゆっくり商品や説明パネルを設置。パネルは展示台にフレームをつけ吊るす形で設置しています。壁面をつくらずに吊るすことで奥までぬけた空間をつくることができ圧迫感がなく開放的にブースを広く見せることができます。人通りが少ないであろう通路側には商談ブースを設置。KCEさんから、じっくり個別で商談ができるスペースが欲しいとのお話しだったため、個別ブースを制作しました。全て壁でふさいでしまうと入りにくい雰囲気となってしまう為、中が透けて人影は見えるようにオーガンジーの布を壁のかわりに取り付け入りやすいようにしています。ブースの奥壁面には会社名とグラフィックを全面に。受付カウンターを設置しています。話が長くなった場合を考え、ハイチェアも置いています。
ネプコン2018の展示会ブースデザイン装飾

ネプコン2018の展示会ブースデザイン装飾

ネプコン2018の展示会ブースデザイン装飾
会場の位置的にあまり人が通らない通路側は商談コーナーを設置しあえて展示などはせず壁面に。壁面部分にはセンス良くカッティングシートで会社名とアドレスを表記。
ネプコン2018の展示会ブースデザイン装飾
来場者の流れが一番多い角度からは会社名がよく見える壁面に表記。
ネプコン2018の展示会ブースデザイン装飾

ネプコン2018の展示会ブースデザイン装飾
パネルは両面から見えるように設置、展示台の上にフレームをつけて吊るしています。展示台にディスプレイされた商品を見ながらパネル説明が見れるようにしています。
ネプコン2018の展示会ブースデザイン装飾
展示台は掘りこみにし、アクリルでふさぎ丁寧にディスプレイしています。L字のアクリルにすることで更に高級感が出ます。
ネプコン2018の展示会ブースデザイン装飾

ネプコン2018の展示会ブースデザイン装飾
個別商談ブースには木工で扉は造らず、布で入りやすい雰囲気をつくり出しています。商談席はローテーブル、こちらは木工で制作しています。椅子はKCEさんオフィスにあるものを使用。

ネプコン2018の展示会ブースデザイン装飾

ネプコン2018の展示会ブースデザイン装飾

ネプコン2018の展示会ブースデザイン装飾
MISS TAILANDがプレゼンをしています。来場者の目を引く華やかさを演出。来場者は足を止め、プレゼンを聞き、ブースの中を見ていくという流れとなっていました。
ネプコン2018の展示会ブースデザイン装飾

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

まずは当社の実際のブースを見てみませんか?

DESIGN TOKYO・国際文具紙製品展・展示会ブースデザイン装飾
現場でご案内します。直近の展示会。

当社がご提案するのはブースの「デザイン」ではなく「展示会出展に成功するためのデザイン戦略」です。
御社にとって、私たちに何ができるのか。会ってみないと分からない部分もあるかと思います。当社はこちらから電話等で営業をすることは一切ありません。もし、気になって「話を聞いてみたい」と思われたら、是非、ご連絡ください。