EXHIBITION|JAPAN SHOP 2021
HALL|東京ビックサイト
SIZE|12.0 m×3.0 m×2.7 m(5.0 小間)
CLIENT|JCD / 一般社団法人 日本商環境デザイン協会 様

「JAPAN SHOP2021 」での出展。
JAPAN SHOPとは、商空間デザイン・ディスプレイ、店舗装飾材、インテリア製品・素材、店舗什器・設備、照明器具・システム、AV(音響・映像)機器、サイン・看板、グラフィックス製作機器等の最新製品や情報が集まる、店舗総合見本市です。建築や設計デザイン関係、流通・小売業関係者が多数来場します。

JAPAN SHOP 2021の展示会ブースデザイン装飾
JCD 一般社団法人 日本商環境デザイン協会様は、インテリアデザイナー、建築家、空間プロデューサー、など、幅広い空間デザイン領域のクリエイターによって構成。
デザイン賞、シンポジウム、教育活動、研究活動、セミナー、機関誌の刊行、出版などの活動をされている協会様です。
また、プロダクトオブザイヤーとは、JCD賛助会員から一押し製品をエントリーされた製品を、全国のJCD正会員が投票。グランプリ、準グランプリを表彰するイベントです。

JAPAN SHOP 2021の展示会ブースデザイン装飾
通路際には展示台を設置。来場者は気軽な気持ちでブースへ入り、商品を見ることができます。
逆に、ブースの奥側に展示台があったり、商品が設置されていると来場者はなかなかブース内部へ入ろうとはしません。

当社は、来場者は基本的に「つかまりたくない」と思っていることを前提にブースづくりを行っています。つかまりたくないと思っている来場者に対して、どうすれば「寄りたい」とブースに興味を持ってもらえるか、そして、いかに滞留時間を伸ばすかがブースデザインをする上でのポイントになります。

JAPAN SHOP 2021の展示会ブースデザイン装飾

JAPAN SHOP 2021の展示会ブースデザイン装飾
並べられる製品に合わせた展示台を用意。
見やすい工夫をすることで、集客効果にも繋がってきます。

JAPAN SHOP 2021の展示会ブースデザイン装飾

JAPAN SHOP 2021の展示会ブースデザイン装飾
展示台上部には製品の他に、企業名やHPへアクセスできるQRコードを記載しています。
来場者がQRコードを読み取る時間も、ブース滞留時間を伸ばすためのポイントの一つです。
JAPAN SHOP 2021の展示会ブースデザイン装飾

JAPAN SHOP 2021の展示会ブースデザイン装飾

JAPAN SHOP 2021の展示会ブースデザイン装飾
来場者がブースへ興味を抱く・近づいてくるきっかけを色々と用意することで、ブース集客の効果につながります。
ブースへ近づいてもらう・入ってもらうには、ブース自体に興味を抱いていただくことがとても重要です。興味を抱かせるきっかけは様々ですが、キャッチや商品の並べ方を一工夫するだけで結果が大きく変わってきます。

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

2021.9.16@品川 ブースデザインセミナーご予約受付中

PENGUIN REPORT/ 展示会「業界関係者向け」セミナー

ペンギンリポートは、当社が日頃業務を行った際に気が付いたことをまとめて発信いたします。今回は現在のコロナ下で当社が携わったブースの中で、試したことや気が付いたことなどを取りまとめ、今後どのように展示会を検討していけば業務がうまくいくのか、事例を交えながらお話しいたします。