EXHIBITION|JASIS2019 JASIS2019
HALL|幕張メッセ
SIZE|6.0 m×3.0 m×2.7 m(2.0 小間)
CLIENT|株式会社 ニチリョー 様

開発者さまの想いが詰まったニチペットシリーズ。研究現場で活躍される女性が増える中でより軽量化をしたマイクロピペットが求められるようになりました。人間工学に基づいたこと、ストレスを低減させる、こだわりの機能とデザインが詰まっています。

JASIS2019の展示会ブースデザイン装飾
3方向囲まれているブース位置ではありますが、会場小間配置からみると通路も広く取れているブース位置でした。
壁面部の商品の写真も目線より少し上に出力をし、通路側よりブース内に人が多くいても何を取り扱っているかわかる位置に出力をしました。
また、商品の機能で、女性でも長時間使用しても疲れにくい軽量化と合わせて、タペストリーも生地が軽い片面スエードを使用しています。会場内の空調に揺られて「軽さ」をアピールしました。
タペストリーは、展示会後もお持ち帰りになって使用可能です。片面スエードは、しわが付きにくく、またしわがついても取れやすい生地を使用しました。
壁面には、それぞれの商品の写真、説明、また、実際の商品をディスプレイすることによって
実際のサイズ感の把握が出来るよう設置しました。
また、それぞれ商品の下には、オープン収納を設けて、すぐにカタログがお渡しできるスペースを確保し、それぞれの商品が乱雑にならないよう整理整頓が出来た展示台が出来ました。

JASIS2019の展示会ブースデザイン装飾
右下、展示台下に当社ロゴが見えますでしょうか?ブースに向かって見守っているペンギンロゴをご提供しています。お客様から、オープン初日にどこに貼っているかを当てて頂ける楽しみもあります。

JASIS2019の展示会ブースデザイン装飾
1方向オープンなので、通路際の壁面には、社名をバランス良く配置しました。
囲まれているブースなので、ブース全体が明るくなるように手前の梁より奥壁面に向かって
照明を設置しました。照明は、LeD投光器60wを使用しています。また、タペストリーも梁に1cmのスリットで垂らすことによってシャープさを表現しました。

JASIS2019の展示会ブースデザイン装飾
通路際に展示台を持ってきて通路から手が届く範囲に商品を置きました。
タペストリーを挟んで、スタッフさんは作業をしながらお客様を待つ(動的待機)
を後方にして少し距離を置いた場所よりお声掛けをするスペースをとることによって、お客様は商品を手に取って自由に検討をしてもらえるスペースを確保しています。

JASIS2019の展示会ブースデザイン装飾
研究所で少しでも負担が軽減されるように持ちやすさ、色合いも女性の意見が採用されているカラフルなピペットです。テグスとガンタッカーで施工屋さんに苦労して設置して頂きました。

JASIS2019の展示会ブースデザイン装飾
展示台には、常に人が立ち寄ってにぎわっていました。白いブースでのカラフルなピペットは通路からでも目を引きました。

JASIS2019の展示会ブースデザイン装飾
にぎわっているブースですと、みなさん気になって足を止めて頂けます。ブース内に人がいても通路より奥壁面に何を取り扱っているかが見ることができれば、足を止めてくださいます。

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

2021.9.16@品川 ブースデザインセミナーご予約受付中

PENGUIN REPORT/ 展示会「業界関係者向け」セミナー

ペンギンリポートは、当社が日頃業務を行った際に気が付いたことをまとめて発信いたします。今回は現在のコロナ下で当社が携わったブースの中で、試したことや気が付いたことなどを取りまとめ、今後どのように展示会を検討していけば業務がうまくいくのか、事例を交えながらお話しいたします。