EXHIBITION|Ishikawa Traditional Craft Fair2020 いしかわ伝統工芸フェア2020
HALL|東京ドームシティ・プリズムホール
SIZE|6.0 m×3.0 m×2.7 m(小間)
CLIENT|(公財)石川県産業創出支援機構(ISICO) 様

東京ドームプリズムホールで開催された「いしかわ伝統工芸フェア」における石川県産業創出機構様のブースです。

当社がデザインするブースは基本的に木工によるブースが多いのですが、今回は基本パックであるシステムブースをそのまま利用したデザインにしています。

展示台は見た目のきれいな素材をそのまま用い通常表具と言う壁紙を貼りますが、その仕上げを行わず素材そのままにしています。

壁面は今後の再利用を考えて、タペストリーとし9社それぞれに1枚のタペストリーを製作しフォーマットを統一することでブース全体に統一感を出すようにしています。

照明は通常のパッケージブースでは力の弱い照明器具となるため、当社が通常のブースで使用するLED投光器を使用しました。

このようなブース構成とした上で、9社各社の展示台ディスプレイは当社にて行っています。

デザインの良いブースとする場合、木工で制作できればそれに越したことはないのですが基本パッケージをそのまま使用する場合でも「統一感をとる」「色数をコントロールする」などの工夫によって印象良く仕上げることは可能です。

 

 

 

 

 

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

2022.10.24(金)@大阪|"最強の結果"を出すブースデザインセミナーご予約受付中

METHOD/TOKYO 展示会「出展者向け」セミナー

「最強の出展結果」を出す展示会ブースデザインの手法

METHOD/は、当社が日頃ブースのデザインを行っている中で、この手法を用いれば集客に成功する、と実感した手法、実際に集客に成功した手法をとりまとめてお伝えいたします。常に出展者に寄り添い、共に「出展成功」を考える立場だからこそ気が付くこと、展示会ブースを行う立場だからこそ気が付くことをお伝えいたします。