EXHIBITION|Design Engineering & Manufacturing Solutions Expo 2019 設計製造ソリューション展2019
HALL|東京ビックサイト
SIZE|9.3 m×8.1 m×2.7 m(8.4 小間)
CLIENT|SCSK株式会社 様

Design Engineering&Manufacturing Solutions Expo 設計製造ソリューション展にご出展のSCSKさん。当社がSCSKさんのブースデザインを担当するのは初めてでした。

今回の小間サイズは9.3m×8.1m、高さ2.7m。ブースに会場の柱がある位置でした。今回、ブース全体のデザインとしてはオープンに。3面開放を活かしてどこからでもはいれるようにしています。上部に梁は敢えてつけずにそれぞれの独立展示台の壁面上部に照明を設置しています。今回、ブースの中に会場の柱が立っている位置でもあったので、柱を壁面パネルで囲み、目立たないようにしています。パネルで囲むことにより、壁面部分に会社名やキャッチの文言を入れることができ、ブースの中にある柱も違和感なくなじませることができます。

通路面の壁面部分にはモニタを設置し動画を映しています。モニタは壁面に対してフラットになるよう埋め込み式にしています。モニタ下のスペースには、パンフレットやチラシを置けるスペースを設けています。パンフレットはラックに入れ設置すると、スペースも取ってしまうこと、見た目的にもイメージよく見せるためにワイヤーで設置しています。

今回、それぞれの商品説明を各自担当スタッフの方がされていることから、単独の展示台は各自の商品説明を展示台ごとで出来るよう、展示台に壁面を造り、展示台で挟むデザインにして設置。全ての展示台ごとにスタッフと来場者が話をしていることで、常にブース内はたくさんの人で賑わっていました。
設計製造ソリューション展2019の展示会ブースデザイン装飾
ブース正面左には大きな柱がある位置でしたが、柱を壁面パネルで覆う事で存在感を消しています。その壁面部分に会社名やキャッチの文言をグラフィックで入れています。

設計製造ソリューション展2019の展示会ブースデザイン装飾
通路側には会社名とサービス内容をわかりやすく入れています。通路からブースへ入りやすいように展示台を通路に面して直角に置き、心理的に入りやすい角度で設置しています。
設計製造ソリューション展2019の展示会ブースデザイン装飾
照明は各展示台壁面上部に設置し壁と商品説明パネルを明るく見せています。
設計製造ソリューション展2019の展示会ブースデザイン装飾
通路側壁面にはモニタを設置。動画を流しています。
設計製造ソリューション展2019の展示会ブースデザイン装飾
ブース正面奥壁面にはモニタを設置。中央に多目的展示台を設置することで正面性がアップします。
設計製造ソリューション展2019の展示会ブースデザイン装飾
パンフレットを広げて来場者に説明をするよりも、パネルにして紙芝居のように説明をすることで、人は話を聞いてくれやすくなります。
設計製造ソリューション展2019の展示会ブースデザイン装飾
それぞれ独立展示台にスタッフは立ち来場者に商品の説明をしています。壁面には商品説明のパネルやモニタを設置しています。
設計製造ソリューション展2019の展示会ブースデザイン装飾

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

2022.10.24(金)@大阪|"最強の結果"を出すブースデザインセミナーご予約受付中

METHOD/TOKYO 展示会「出展者向け」セミナー

「最強の出展結果」を出す展示会ブースデザインの手法

METHOD/は、当社が日頃ブースのデザインを行っている中で、この手法を用いれば集客に成功する、と実感した手法、実際に集客に成功した手法をとりまとめてお伝えいたします。常に出展者に寄り添い、共に「出展成功」を考える立場だからこそ気が付くこと、展示会ブースを行う立場だからこそ気が付くことをお伝えいたします。