EXHIBITION|COSME TOKYO2016 国際化粧品展2016
HALL|東京ビックサイト
SIZE|6m×3m×2.7m(2小間)
CLIENT|株式会社AXXZIA 様

国際化粧品展2016ブースデザインの様子

化粧品のブースは「清潔感」と「世界観」が大切

化粧品を展示するブースで大切なことは、清潔感とブースの世界観です、と当社ではお伝えしています。「ブースの世界観」とは、この場合「ブースの印象」と読み替えていただければよいかと思います。もちろんどんなブースであっても印象をよくすることは大切なのですが、特に化粧品の場合には、「美」を扱っている業種であるだけに、ブースの印象は商品の印象へと直結します。ですので、ブースが来場者にどう映るかは大切なことなのです。今回のこのAXXZIAさんのブースでは、ブースの印象を整えるために、白の余白を多く取っています。その上で、当社が一般的に用いている「白く強い光」の照明器具を用いてブース内を明るくしました。手前の梁から壁を狙う、という方法で、白の余白を壁面に多くとることで、反射率を高めてブース内をさらに明るくしているのです。加えて商品を透明のアクリルブロックの上に置くことで、より「透明感」を出すようにしてみました。一般的に(化粧品の展示会でも)商品の説明をするために、壁面にパネルを多く貼る場合がありますが、それも決して間違いではありません。ただその場合、ブース全体の印象を慎重に考えた上で、パネルを設置する必要があることと、「来場者はパネルの前に長くはいない」(パネルデザインと配布物の項参照)ことを踏まえて、配布物にしたり、パネル化して置いておくなどしてブース全体の印象を損なわないようにすることが大切です。

国際化粧品展2016ブースデザインの様子

国際化粧品展2016ブースデザインの様子

国際化粧品展2016ブースデザインの様子

国際化粧品展2016ブースデザインの様子

Afterコロナの新形式の展示会[PHASE]

出展社不在・来場者のみの「半リアルの展示会」を開催します。
「オンライン展示会」ではなく、あくまでも「リアル」にこだわり、現在のコロナの状況下でも開催できる方法を模索しました。
製品のみを出展し、出展者自身は遠隔参加、バイヤーのみが来場する形式です。
業界最大の展示ブースへの集客力を誇るSUPER PENGUINのノウハウを全投入し実現致しました。
本展示会はオンラインではなく、完全なリアルでもない、WITH/AFTER コロナ時代における新しい「リアル展示会」の形式と初お披露目いたします。