EXHIBITION|COSME TOKYO2016 国際化粧品展2016
HALL|東京ビックサイト
SIZE|6m×3m×2.7m(2小間)
CLIENT|株式会社AXXZIA 様

国際化粧品展2016ブースデザインの様子

化粧品のブースは「清潔感」と「世界観」が大切

化粧品を展示するブースで大切なことは、清潔感とブースの世界観です、と当社ではお伝えしています。「ブースの世界観」とは、この場合「ブースの印象」と読み替えていただければよいかと思います。もちろんどんなブースであっても印象をよくすることは大切なのですが、特に化粧品の場合には、「美」を扱っている業種であるだけに、ブースの印象は商品の印象へと直結します。ですので、ブースが来場者にどう映るかは大切なことなのです。今回のこのAXXZIAさんのブースでは、ブースの印象を整えるために、白の余白を多く取っています。その上で、当社が一般的に用いている「白く強い光」の照明器具を用いてブース内を明るくしました。手前の梁から壁を狙う、という方法で、白の余白を壁面に多くとることで、反射率を高めてブース内をさらに明るくしているのです。加えて商品を透明のアクリルブロックの上に置くことで、より「透明感」を出すようにしてみました。一般的に(化粧品の展示会でも)商品の説明をするために、壁面にパネルを多く貼る場合がありますが、それも決して間違いではありません。ただその場合、ブース全体の印象を慎重に考えた上で、パネルを設置する必要があることと、「来場者はパネルの前に長くはいない」(パネルデザインと配布物の項参照)ことを踏まえて、配布物にしたり、パネル化して置いておくなどしてブース全体の印象を損なわないようにすることが大切です。

国際化粧品展2016ブースデザインの様子

国際化粧品展2016ブースデザインの様子

国際化粧品展2016ブースデザインの様子

国際化粧品展2016ブースデザインの様子

2020.1.22@品川 ブースデザインセミナーご予約受付中

METHOD / 展示会ブースにおけるディスプレイと待機方法の手法[展示会出展者向け]

コロナ状況下での展示会出展。その中で確実に出展の成果を出すためにはどのようにすればいいのか。最新の展示会の状況と実際のブースの事例を基に、出展成功のための手法をお伝えいたします。