EXHIBITION|Beauty World Japan 2019 Beauty World Japan 2019
HALL|東京ビックサイト
SIZE|9.0 m×3.0 m×3.6 m(3.0 小間)
CLIENT|株式会社アテックス 様

マッサージ機器等を扱うメーカーのアテックスさん。今回の小間位置は会場一番奥の壁際、おまけに低い天井に覆われている場所になります。ブースのサイズは9m×3m、高さは天井ギリギリの3.6m。今回そのような位置であることから、ブースの存在感をアピールできるようなデザインを考えました。

ブース全体は白。低い天井で覆われているため、照明の反射を使い、ブースの世界観を創り出すようにしています。ブース上部には看板もつけていますが、こちらは通路の遠くからでも来場者が目に入るように会社名を入れ、照明でライトアップしています。ブースの正面にはモニターを設置し、商品のビジュアルと世界観をメインにアピール。展示台を設置し、商品をディスプレイしています。通路際両サイドには今回メインでアピールしたい商品を並べ、実際にお試しできるようにしています。商品の説明はタブレットを設置し動画を流しています。ブースの中に入ると展示台の上には商品ラインナップをディスプレイ。落ち着いて商品をお試ししていただけるようにハイチェアとハイテーブルも置いてあります。

来場者は基本的に「つかまりたくない」と思って会場を回っています。通路側に展示台を設置し、商品をお試しできるスペースをも置けることで、気軽に体験してもらえること、ブースの前に人だかりがあると人は近づきやすくなるという効果があります。人だかりがあると、遠くにいる人も何だろうとブースに近づいてきます。ブースの中だけで対応しなければならないわけではないので、ブースの通路際は簡単な立ち話程度のお客様対応。ブースの中はゆっくりと話したお客様対応と使い分けてみるのも良いと思います。
Beauty World Japan 2019の展示会ブースデザイン装飾
全体的に白を使用、ブース内に光が反射しいい雰囲気が出ます。床はフローリング調、トーンをおとす事で更に高級感が出ます。
Beauty World Japan 2019の展示会ブースデザイン装飾
実際会期中は通路際に人が群がっていました。ブースの中はゆっくりと商品について説明を聞きたい方が集まっていました。通路際に面する間口も広めにとっていることで、抵抗なくブースの中に入れます。
Beauty World Japan 2019の展示会ブースデザイン装飾
通路際展示台には実際に商品を試せるようディスプレイ。説明動画もタブレットで流しています。
Beauty World Japan 2019の展示会ブースデザイン装飾

Beauty World Japan 2019の展示会ブースデザイン装飾

Beauty World Japan 2019の展示会ブースデザイン装飾

Beauty World Japan 2019の展示会ブースデザイン装飾
会場の奥壁側で天井も低いブース位置でしたが照明と白の光の反射を利用し世界観を出すことで通路からもひときわ目立つブースとなりました。

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

2022.10.24(金)@大阪|"最強の結果"を出すブースデザインセミナーご予約受付中

METHOD/TOKYO 展示会「出展者向け」セミナー

「最強の出展結果」を出す展示会ブースデザインの手法

METHOD/は、当社が日頃ブースのデザインを行っている中で、この手法を用いれば集客に成功する、と実感した手法、実際に集客に成功した手法をとりまとめてお伝えいたします。常に出展者に寄り添い、共に「出展成功」を考える立場だからこそ気が付くこと、展示会ブースを行う立場だからこそ気が付くことをお伝えいたします。