EXHIBITION|SC BUSINESS FAIR2020 SCビジネスフェア2020
HALL|パシフィコ横浜
SIZE|9.0 m×6.0 m×4.5 m(6.0 小間)
CLIENT|株式会社ザイマックス 様

SCビジネスフェア展示会の特徴は、SC関係者が一堂に集まる唯一の商談展示会です。全国のSCディベロッパー、テナント、サポート企業が出展をする展示会です。会場内では、数多くの情報交換や商談が行われ、実際のビジネスに結びついています。他の展示会では体験出来ない内容があり、出展者、来場者ともに満足度が高いのが特徴の展示会です。会期中だけではなく、終了後も数々の商談が進み、実際のビジネスに結びつきます。また、ブースを回るだけではなく、出展者によるプレゼンテーションや主催者企画のパネルディスカッションを聴く事によってSCに関するさまざまな情報を効率よく収集できます。ザイマックスさんは、不動産と企業の良好な関係構築をめざし、サービスを進化させ続けています。

SCビジネスフェア2020の展示会ブースデザイン装飾
今回ブース位置は、会場内で一番後方、会場壁面に位置していました。後方ということもあり、高さのレギレーション3.6mまで高さを上げました。ザイマックスさんの方で、ブース全体のグラフィック関係、全て支給していただきました。ザイマックスの歩みを一度に見る事が出来るように年表のグラフィックを上部梁よりワイヤーシステムで吊りました。その、年表の壁面も、少しアールになっていて、データを制作するのに大変苦労しました。
後方小間位置でしたので、ロゴサインは出来るだけ高く表示をしました。

SCビジネスフェア2020の展示会ブースデザイン装飾
年表を見ながら、それぞれのサービス等を話す事が出来ます。また、通路側からも見れる高さにも吊りましたので、遠くからでもサービスをみることが出来ます。ザイマックスさまの功績が一望できます。

SCビジネスフェア2020の展示会ブースデザイン装飾
通路側で出来ない商談等は、ブース内に半オープン商談セットを用意しました。クローズではないので、少しお話をするのにちょうどいい感じです。

SCビジネスフェア2020の展示会ブースデザイン装飾
ザイマックスさんの功績が写真と文章で紹介しています。構造上、上部梁の柱をうまくアール壁面と絡めて存在感を消しています。ブース内を明るく、60WのLED投光器を梁幅センターで取り付けをしました。壁を明るくするとより効果が出ます。

SCビジネスフェア2020の展示会ブースデザイン装飾
会期中、来場者さまにチェキでお写真を撮ってもらったものをアール壁面に貼っていきました。撤去時には、写真で埋め尽くされた状態でした。

SCビジネスフェア2020の展示会ブースデザイン装飾
それぞれのサービスの手前には、カウンターを設けて、お客様に対応ができる配置をしました。通路際にカウンターがあると、自ずと集客効果がでるブースになります。
SCビジネスフェア2020の展示会ブースデザイン装飾

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

2022.6.9(木)@オンライン|ブースデザインセミナーご予約受付中

METHOD/ONLINE/ 展示会「出展者向け」セミナー

成果を出すための「基本3原則」

内容を絞り時間を短くした、オンライン版のセミナーです。当社が日頃お伝えしている集客の考え方のうち、最も大事な「基本3原則」に絞ってお伝えいたします。対象は展示会に関わる全ての方。当社のデザインしたブースは木工で製作されていますが、費用を掛けなくても集客を達成することは可能です。来場者の心理を軸にして、最小限自社ブースに何をすればいいのか、やるべきことを明確にしていただくことが目標です。