CLIENT: 株式会社BGM 様
EXHIBITION:ISOT国際文具紙製品展
SIZE:6.0m×2.7m(2小間)
SITE:東京ビッグサイト

ISOT国際文具紙製品展の展示会ブースデザイン装飾

株式会社ビージーエムさんは吉祥寺にある文具メーカー様。今回当社ホームページを見てお声がけをいただきました。毎年7月に行われるISOT国際文具紙製品展へのご出展です。会社にお伺いして、出展する商品等を拝見させていただきました。マスキングテープを中心として、ノートや葉書、iphoneケースなど。この時間、文具、雑貨好きの当社にとって、とても楽しい時間です。ブースデザインを考えるに当たって、出展商品とその見せたい優先順位、そしてどんな店舗に置きたいか、どんなバイヤーさんに訴求させたいか、などをお聞きします。それらのご要望を踏まえて今回のブースの小間位置から今回のブース形状などの基本方針を決定していきます。まず、ブースの全体形状は通路際にメインの展示台を設置し、特に角には「滞留時間を長くする」ちょっとした体験場所を設けてみました。ブース全体の高さは周囲の基本高さ2.7mよりも30㎝高くして3.0m。上部に設けた「梁」は照明の設置用。梁の上に照明を設置し、そこから壁面を照らすことでブース内を効果的に明るくしています。

ISOT国際文具紙製品展の展示会ブースデザイン装飾

ISOT国際文具紙製品展の展示会ブースデザイン装飾

ブースの壁面は敢えて商品を設置しない余白としての壁面を設け、ブース全体の印象を品よくまとめる役目を果たしています。そのシンプルな壁面に会社ロゴを設置。今回のブースの特徴の一つはマスキングテープの展示方法。マスキングテープは商品の特徴上、強調するべきはそのテープの柄になります。そこで「展示会では、基本的に商品は1点ずつしか見せない」という特徴を活かし、上記のようにマスキングテープ幅の溝を製作、そこに整列させることで、一目で商品の特徴が分かるようにし、バイヤーの方に魅力的に感じていただけるような陳列方法としてみました。

ISOT国際文具紙製品展の展示会ブースデザイン装飾

ISOT国際文具紙製品展の展示会ブースデザイン装飾

ISOT国際文具紙製品展の展示会ブースデザイン装飾  ISOT国際文具紙製品展の展示会ブースデザイン装飾

ISOT国際文具紙製品展の展示会ブースデザイン装飾

ISOT国際文具紙製品展の展示会ブースデザイン装飾

今回は偶然にも向かいのブース「株式会社アーツ」さんも当社がデザインを担当。
そこで、2つのブースを一体的にデザインをすることで相乗効果が出るようにデザイン的な工夫を行っています。今回は、これらの全体のイメージの他、角に設けた体験コーナーも効を奏し、常にお客様がいっぱいの状況が出来ました。

ISOT国際文具紙製品展の展示会ブースデザイン装飾

展示会終了後にお客様に結果についてお聞きしてみました。
 
当初想定していた名刺の獲得枚数は240枚。
最終的な獲得枚数は380枚となり達成率158%。
獲得したお客様のうち目標ターゲットの79%と契約見込みとなり、展示会翌月の売上が57%増になりました。
 
とのご回答をいただきました。
当社へご依頼いただいた理由もお聞きしました。
 
「貴社のHPで掲載されている事例を見て、非常にかっこいいと思って依頼しました」
 
とのこと。
はい。ありがとうございます(笑)
ただし、当社はかっこいいだけではなく、来場者もしっかり集める結果の出るデザインを目指しているんですよ(笑) きっとこのことは今回ご依頼いただいて実感していただけたのではと思います。BGMさんは、今回の手ごたえから会期中に次回の出展も決定。
次回は今回の2小間(この展示会では1小間と呼称)から倍の4小間にされました。

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

まずは当社の実際のブースを見てみませんか?

DESIGN TOKYO・国際文具紙製品展・展示会ブースデザイン装飾
現場でご案内します。直近の展示会。

当社がご提案するのはブースの「デザイン」ではなく「展示会出展に成功するためのデザイン戦略」です。
御社にとって、私たちに何ができるのか。会ってみないと分からない部分もあるかと思います。当社はこちらから電話等で営業をすることは一切ありません。もし、気になって「話を聞いてみたい」と思われたら、是非、ご連絡ください。