業界紙の「見本市展示会通信」10月15日号に掲載していただきました。


展示会での集客について総論との立場でお話しさせていただいています。

展示会業界では、ブースへの集客のためには、まず「目立つこと」「インパクトを出すこと」などの言葉が話されますが、このような曖昧な言葉ではなく、来場者目線に立ってしっかり計画すれば自然に来場者が集まるブースにする事が可能です。

お話ししている事の一つ一つはシンプルなことなのですが、このような考え方が体系化され、広く広まることが今の展示会業界の発展のために必要なこと、と考えています。

 

Afterコロナの新形式の展示会[PHASE]

出展社不在・来場者のみの「半リアルの展示会」を開催します。
「オンライン展示会」ではなく、あくまでも「リアル」にこだわり、現在のコロナの状況下でも開催できる方法を模索しました。
製品のみを出展し、出展者自身は遠隔参加、バイヤーのみが来場する形式です。
業界最大の展示ブースへの集客力を誇るSUPER PENGUINのノウハウを全投入し実現致しました。
本展示会はオンラインではなく、完全なリアルでもない、WITH/AFTER コロナ時代における新しい「リアル展示会」の形式と初お披露目いたします。