EXHIBITION|International Meetings Expo2015 国際ミーティング・エキスポ2015
HALL|東京国際フォーラム
SIZE|3m×2.5m×2.7m
CLIENT|公益社団法人 姫路観光コンベンションビューロー 様

 

IME国際ミーティングEXPOは日本におけるMICE(国際会議・学会・学術会議・企業ミーティング・インセンティブツアー等)の発展のために、MICE関係者の方々等の商談・情報交換の場として開催されています。

今回のお客様は兵庫県姫路市、姫路観光コンベンションビューロー様になります。当社代表竹村が姫路出身ということもあり今回お声がけをいただいた形です。

この年の姫路市にとって翌年の2015年は特別な年でした。

姫路城の「平成の大修理」が終了し、姫路城が新しくお披露目される年。

今回のこの出展では、その平成の大修理が完了することを全面的に押し出すこととなりました。

「白鷺城」の別名を持つ姫路城がイメージできるようにブース全体で「白」を感じられるイメージとし、来場者が一目で「姫路」と分かるように大きくグラフィックを掲示しました。

国際ミーティング・エキスポ2015ブースデザインの様子

ブース全体の品格を保ち、白さを際立たせるようにブース内の一部には何も色をつけない余白部分を設けています。また、同時にその白さが際立つように照明の位置も工夫しています。

国際ミーティング・エキスポ2015ブースデザインの様子

国際ミーティング・エキスポ2015ブースデザインの様子

ブースの壁面には、姫路城(に限らず他の城にもありますが)の防衛設備である「狭間(さま)」を表現。もちろん実際の狭間は手前が広く、奥が細くなっているものですが、このブースではイメージのみの表現となっています。

国際ミーティング・エキスポ2015ブースデザインの様子

国際ミーティング・エキスポ2015ブースデザインの様子

2020.5.21@品川 ブースデザインセミナーご予約受付中

METHOD / 展示会ブースにおけるディスプレイと待機方法の手法[展示会出展者向け]

コロナ状況下での展示会出展。その中で確実に出展の成果を出すためにはどのようにすればいいのか。最新の展示会の状況と実際のブースの事例を基に、出展成功のための手法をお伝えいたします。