EXHIBITION|Gift Show 2019  ギフトショー2019秋
HALL|東京ビックサイト
SIZE|18.0 m×4.0 m×3.2 m(小間)
CLIENT|石川県産業創出支援機構様

【成約数・成約金額が昨年比3倍近くを達成】

ギフトショーLIFE&DESIGN、石川県産業創出支援機構様、21社様による集合ブースになります。今回の当社の業務範囲は全体のディレクション業務。

具体的な作業は当社にてレイアウトの方針検討した後、詳細のブースデザインは設営会社の方で担当。ブースセミナーで展示会ブースでの考え方をお伝えした後に各社へのディスプレイを指導、会期前(設営時)・会期中の現場指導でした。

当社が全体のディレクションをして、詳細の設計と設営をこれまで通りの設営会社で行う。このような方式は今後増えてくるように思います。

今回特に効果があったのは、21社に対する個別ディスプレイ指導。

1社1時間の枠を持ち、事前に試作したサンプル展示台の上でディスプレイの予行演習。当社は商品の内容をお聞きし、目標とする「店舗」(商品を置いてほしい具体的な店舗名もこの時に決めるようにします)に対し、どんなディスプレイならよいかをご提案します。

それぞれの会社様によって「商品を置いてほしい店舗」は異なります。量販店なのか、セレクトショップ系なのか、それとも。 これによりディスプレイの方針を変え、それぞれのバイヤーさんに響きやすいようにするのです。

これらのことにより、今回の出展では出展者全体の成約数・成約金額が昨年比3倍近くを達成し、しっかりした成果を残すことができました。

ブース全体は黒で統一し、通路のカーペットと色・品番を合わせて「ブースの境界」を無くしています。その上で、展示台上のみ白として、商品が引き立つようにしています。

ブース中央には縦方向に移動できる通路の幅を確保しています。これによって1社1社の展示スペースは少なくなりますが、結果としてブース内を来場者が回遊し、各出展者の展示台の来場者が寄り付きやすくしています。

 

 

 

当社主催のブースデザインセミナーはいかがでしょう?

ご要望があれば当社の過去の事例を基に集客ができるブースづくりについてのセミナーを行います。当社主催でも定期的に開催していますが、ご要望があれば全国どこででもお伺いいたします。展示会に出展しているけど、集客のコツを知りたい。どんな風に出展を考えていけばいいか分からない。当社にはよく各種産業の組合様や行政の方からのお問合せをいただきます。詳細は直接当社までお問合せください。