EXHIBITION|ISOT2015 ISOT国際文具紙製品展2015
HALL|東京ビックサイト
SIZE|6m×5.4m×3.1m(小間)
CLIENT|株式会社カンミ堂 様

全国の書店や文具店、セレクトショップなど、あらゆるお店にカンミ堂さんの可愛い商品が並んでいます。
カンミ堂さんが初めて展示会に出展された時から、当社はブースデザインのお手伝いをしています。

今回、ISOT国際文具紙製品展に出展されるとの事でご相談がありました。
展示会のタイミングで新商品のPENTONE(ペントネ)メインにアピールしたいとのことでした。
そこで当社は、今回のブースデザインを思い切って商品のペントネブースにしてしまうことにしました。

ISOT国際文具紙製品展2015の展示会ブースデザイン装飾
今回のブース位置は会場の一番奥、壁を背にした通路の外周になります。
小間サイズは4小間、3面開放。
まず、ブース全体の見え方として、全面的にペントネ商品そのものをイメージできるデザインにしました。
ペントネはペンサイズのケースにふせんを内蔵したロールタイプのフォルムふせんです。
商品はケースに3種類のふせんが入る事から、商品のイメージは3色のふせんを表現することにしました。
上部梁の部分からロールふせんに見立てた3色の紙管を吊るし、ブースの柱も同様イメージに。
展示台の脚も同じテイストに仕上げました。

ISOT国際文具紙製品展2015の展示会ブースデザイン装飾
ブースの外側の壁面にはロールふせんを連ねて貼ってディスプレイ。

ISOT国際文具紙製品展2015の展示会ブースデザイン装飾

ISOT国際文具紙製品展2015の展示会ブースデザイン装飾
ブースの中に入ると商品のロールふせんに見立てた紙管がたくさん吊るされています。

ISOT国際文具紙製品展2015の展示会ブースデザイン装飾
奥の壁面にはブース全体のデザインの正面性としPENTONEのロゴとロールふせんを瓶に入れ大量陳列。
人の目を奪うようキャッチの役目となります。

ISOT国際文具紙製品展2015の展示会ブースデザイン装飾

ISOT国際文具紙製品展2015の展示会ブースデザイン装飾
丸い展示台の上には定番のふせんなどを置いています。
こちらは実際に商品を手に取り見ていただいたり、商談のスペースとしています。
ISOT国際文具紙製品展2015の展示会ブースデザイン装飾
壁面部分にロールふせんを貼って色や柄のバリエーションを見せています。

ISOT国際文具紙製品展2015の展示会ブースデザイン装飾
今回、会期中の状況は常に人がたくさん集まるブースとなっていました。
スタッフの皆さんからお声掛けをせずに、来場者が自然にブースに近づいてきて中に入ってくるという流れ。
基本的に、来場者はつかまりたくない、と思っています。
会場のいろいろなブースを見て回りたい。
声をかけられてしまうと話を長く聞かなければならなくなるのではないか、と思ってしまうものです。
来場者がブースに自然に近づいてくれる仕組みをつくること。そのようなブースデザインであることが展示会出展効果に繋がると当社は考えています。

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

2021.9.16@品川 ブースデザインセミナーご予約受付中

PENGUIN REPORT/ 展示会「業界関係者向け」セミナー

ペンギンリポートは、当社が日頃業務を行った際に気が付いたことをまとめて発信いたします。今回は現在のコロナ下で当社が携わったブースの中で、試したことや気が付いたことなどを取りまとめ、今後どのように展示会を検討していけば業務がうまくいくのか、事例を交えながらお話しいたします。