EXHIBITION|FACTORY2016
HALL|東京ビックサイト
SIZE|9m×3m×2.7m(3小間)
CLIENT|横河電機株式会社 様

「このような壁面があって本当に来場者は入るのだろうか?」

展示会出展に経験がある方はまずこの写真を思って感じることと思います。

しかし、このブースは出展者である横河電機さんの過去の出展においてトップクラスに来場者が集まる、という結果を残しました。

このブースをデザインした教訓は来場者は「オープンだからブースに入ってくる」のではなく「気になるから入ってくる」ということ。

もちろん今回のように壁を作ったからといって来場者が入ってくるわけではありません。

今回のこのブースは計算ずくでブースを構成しています。

手前の壁面、よく見ていただくとブースの小間形状に対して僅かに斜めにしていることにお気づきでしょうか。

壁面を通路に対して5度斜めに設置し、その壁面の先に「IIoT?」という言葉を大きく設置しています。

来場者は遠目から横河電機さんのブースの存在に気が付きます。しかし壁面で遮られてブースの内部は見えません。しかしその壁面の先には「IIoT?」の文字が。IIoTとはインダストリアルIoTの略。その言葉に?を設けることでブース内部が気になるようにしています。

通路を歩く来場者は、壁面が切れた箇所で思わずブースの中を覗いてしまいます。その瞬間にスタッフの方々は来場者にお声がけをしてブースの内部へと誘導するのです。

 

今回のこの手法の結果、会期中は常にブース内が来場者で賑わうという状況になりました。

壁があるから来場者は入ってこない、という考え方は正しくなく、壁があっても壁がなくても、来場者にとって「気にならない」ようであれば自社ブースには立ち寄ってはくれません。逆に何らかの形で「気になる」ようになっており、更にそれがその年のテーマ・流行等に則った来場者に響く内容であれば、ブース内には想像以上の来場者を集めることが可能となってきます。

 

 

2020.5.21@品川 ブースデザインセミナーご予約受付中

METHOD / 展示会ブースにおけるディスプレイと待機方法の手法[展示会出展者向け]

コロナ状況下での展示会出展。その中で確実に出展の成果を出すためにはどのようにすればいいのか。最新の展示会の状況と実際のブースの事例を基に、出展成功のための手法をお伝えいたします。