EXHIBITION|メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2023 Maintenance Resilience 2023
HALL|東京ビックサイト
DATE|2023.07.26-29
SIZE|6m×3m×2.7m(2小間)
CLIENT|東京電設サービス株式会社 様

 

東京電設サービスは、電力設備を中心にコンサルティングから設計、工事、点検・診断、監視制御までワンストップのトータルサービスを展開しているグローバルエンジニアリング企業。
SUPER PENGUINの常連様です。
今回は、メンテナンス・レジリエンス TOKYOの、テーマが異なる2つのエリアに2ブースを出展。こちらはインフラ検査・維持管理展のブースです。

正面右側の壁面を高くして、メインキャッチ「インプラの長寿命化?」を大きく表示。裏面にも同じキャッチコピーを表示することで、通路後方から歩いてくる人にも目印となるようにしてあります。

白ベースに企業ロゴ「TDS」の青を差し色としてすっきりとまとめました。

正面中央には、ブース内の展示内容を説明するナビゲーションパネルを設置。

壁付きの白い展示台は、ふだんは会社のエントランスに置いてあるものを今回も活用。
パネルは展示会用に制作しています。

展示会で活用をおすすめしているA5サイズの両面カード。片面は青・片面は赤で作成しました。
詳細情報はQRコードでWEBに誘導。手渡しすることで会話のいとぐちになります。


A5サイズ両面カードの赤面にスタンプを押しているところ。
展示会用にスタンプも作成、プレゼントを準備し、スタンプラリー形式で2つのブースを回っていただく仕掛けです。

もう一つのブースから進んでくると、こちらのブースの裏側に出ます。キャッチコピーが目印です。

お客様からは「今回は展示会のテーマに合わせて2ブースで出展しましたが、チラシやスタンプラリーの効果もあり、集客、ブース間の送客も良くできた印象です」という喜びの声をいただきました。
(文:田宮谷)

本記事の監修者について

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

展示会セミナー開催のご案内

「成功事例」を基にお伝えする出展効果・集客効果を高める具体的なデザイン手法

当社代表で展示会プロデューサー/デザイナーの竹村が講師を担当するセミナーを定期的に開催しています。定員30名程度の東京と大阪で開催するセミナー他、自社のブースの図面への意見がほしいといった方向けの少人数セミナー、オンラインでポイントだけを聞きたい方向けに短い時間でポイントのみをお伝えするセミナーなど、皆様のニーズに合わせてご参加ください。