EXHIBITION|LIGHTING FAIR 2019(NIKKEI MESSE)
HALL|東京ビックサイト
SIZE|18㎡
CLIENT|エイテックス株式会社

LED 照明メーカーのブース。本展示会の来場者の多くは設計者やデザイナーとなるため、製品をただ並べるのではなく、彼らにとって「発想のヒント」になるようブースのデザインを行いました。具体的には、出展製品であるシリコンで作られた照明器具の特徴と可能性を表現するために、自由に曲げることができるシリコンライトを「Infinity(∞)」の形にし、それらが大量に上部に浮いているように設置しています。ブース全体には華美な装飾を施さず、それらのシリコンライトを引き立てるようにデザインを行っています。浮いている照明器具の下には実際に触れられる製品を並べ、自由な形で接客ができるよう商談結果を出す工夫も同時に行っています。

上部の照明装飾は遠目からのキャッチ。ターゲットが設計者・デザイナーであることから「この照明はどんなディテールなんだろう」と感じて近寄っていただくことを狙っています。

また、中央の展示台は通路際の中央に設置するようにし、展示台上では上部に設置している器具が自由に触れることができるようにしています。こうすることでこの展示台の前での「滞留時間」が延びることを狙っています。

これにより、ブースの中央通路際付近に出展者が集中、滞留し最終的にブースが賑わうことを意図したブース構成となっています。

 

 

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

まずは当社の実際のブースを見てみませんか?

DESIGN TOKYO・国際文具紙製品展・展示会ブースデザイン装飾
現場でご案内します。直近の展示会。

当社がご提案するのはブースの「デザイン」ではなく「展示会出展に成功するためのデザイン戦略」です。
御社にとって、私たちに何ができるのか。会ってみないと分からない部分もあるかと思います。当社はこちらから電話等で営業をすることは一切ありません。もし、気になって「話を聞いてみたい」と思われたら、是非、ご連絡ください。