EXHIBITION|ビューティーワールドジャパン2018
HALL|東京ビックサイト
SIZE|32.4㎡
CLIENT|株式会社アテックス

マッサージ機器等を扱うメーカーのブース。自社ブースへの集客を考える場合、ブースの前面が広く空いていることは、一見有利に感じますが、来場者が遠巻きに歩くため必ずしも有利とは限りません。そこで、今回のブースでは来場者が自然な形でブースに近づいてくる工夫を施す必要がありました。具体的には、象徴的なメインビジュアルをブースの各所に多めに設け、さらに「滞留時間の延びる」体験カウンターをブースの外周部(通路際)に配置することで来場者がブースに集まりやすいような配慮を行いました。結果、ブースの周囲は常に来場者で賑わい、その賑わいがさらに人を呼び、最終的に大きな好結果を得る出展となりました。

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

2022.6.9(木)@オンライン|ブースデザインセミナーご予約受付中

METHOD/ONLINE/ 展示会「出展者向け」セミナー

成果を出すための「基本3原則」

内容を絞り時間を短くした、オンライン版のセミナーです。当社が日頃お伝えしている集客の考え方のうち、最も大事な「基本3原則」に絞ってお伝えいたします。対象は展示会に関わる全ての方。当社のデザインしたブースは木工で製作されていますが、費用を掛けなくても集客を達成することは可能です。来場者の心理を軸にして、最小限自社ブースに何をすればいいのか、やるべきことを明確にしていただくことが目標です。