EXHIBITION|メンテナンス・レジストリ東京2017
HALL|東京ビッグサイト
CLIENT|株式会社ノルトロックジャパン 様

「結果、名刺獲得数はレコードとなる346枚を数え、既存大口顧客の別部署とも新たなコンタクトが複数生まれる等、データに表れてこない実績も含めて大きく満足できました。」(クライアント担当者様)

ーーーーーーーーーーーーーー

ノルトロックジャパン様はネジの緩み防止のスペシャリスト。

当社はその専門分野ではありませんが、ノルトロックと言えば、ネジの緩みを防止する、という点での代名詞のようなものなのだそうです。

そして、「ノルトロックワッシャー」、その写真を見れば業界の方はその商品を認知できる。

お客様からお声がけをいただき、当社は大阪の事業所までお伺いさせていただき、出展する商品について詳細にお聞きしました。

今回のメンテナンスレジストリ東京に出展するに当たってブースデザインを考えた際、まず「業界の方々にはなじみのある商品画像」を大きく遠くから視認できるように掲げました。

その大きな商品画像の前には、時間によってプレゼンテーションができるようにモニターとサンプル台などを設置。この部分で来場者のキャッチを行い、詳細の説明はブース内部で行うというレイアウト構成にしています。

ブースの奥には詳細の説明をするためのサンプルの他にパンフレットも並べ、パンフを取るためにブースの奥へと入っていく、という行動も期待しての構成にしています。

 

今回、展示会の期間を終え、担当者の方にご感想をお聞きしたところ、とても丁寧なお返事をいただきました。

ーーーーーーーーーーーーーー

ブースに入って来ない人にもリーチする。

今回スーパーペンギンさんに依頼しようと思った経緯は、目先の名刺獲得数や集客だけを考えるのではなく、当社ブースが来場者にどう見られて、どんな印象を与えるかという点に配慮したかったからです。ブランディング面での目的もあったということですね。会場では、どんなにがんばってもブースに立ち寄らず、チラ見だけして通り過ぎる人の方がはるかに多いです。中には「もうこの会社のことは知ってるから」という人も相当数いるはずです。限られた時間内での視察ですから。でも今回は、そんな「ブースに入って来ない人」に対しても市場内の立ち位置を印象付け、ブランド力を理解していただけるようなブースになったと思います。当社も競合が多くいる中で独自路線を打ち出せるよう努めていますが、スーパーペンギンさんとお話をする中でもいろいろな面でインスパイアされ、アイデアが生まれました。

結果、名刺獲得数はレコードとなる346枚を数え、既存大口顧客の別部署とも新たなコンタクトが複数生まれる等、データに表れてこない実績も含めて大きく満足できました。当社は外資なのですが、展示会文化が異なる欧州やアメリカのオフィスからも今回のデザインコンセプトについて多くの質問が来る等、社内的にも大きなインパクトを残すことができました。クライアントサイドで目的さえ明確にできれば、これほどいろいろなアイデアが生まれるものかと嬉しい驚きがありました。今後も定期的にお願いして、もっとブラッシュアップしていけたらと考えています。今後とも、よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーー

ブースデザインご依頼のご連絡をいただいてから、大阪の方にもお伺いさせていただき、いろいろとお話ししながら進めてきましたが、最後にこのように言っていただき、当社のスタッフ一同全員でこの文章を回覧して読んでいました。

また、ご一緒にお仕事をさせていただくことをペンギン一応楽しみにしています。

 

 

当社主催のブースデザインセミナーはいかがでしょう?

ご要望があれば当社の過去の事例を基に集客ができるブースづくりについてのセミナーを行います。当社主催でも定期的に開催していますが、ご要望があれば全国どこででもお伺いいたします。展示会に出展しているけど、集客のコツを知りたい。どんな風に出展を考えていけばいいか分からない。当社にはよく各種産業の組合様や行政の方からのお問合せをいただきます。詳細は直接当社までお問合せください。