EXHIBITION|interiorlifestyle Tokyo2019 インテリアライフスタイル2019
HALL|東京ビックサイト
SIZE|3.0 m×3.0 m×2.7 m(1.0 小間)
CLIENT|Vintage Revival Productions 様

初めて展示会に出展された時からブースデザインをしている Vintage Revival Productionsさん。Vintageさんは香川県にある会社。美しさ・設計・素材・製作それぞれの視点から念密に練り上げ製品化しています。

今回はインテリアライフスタイル展にご出展、小間のサイズは3m×3mの角小間となります。
インテリアライフスタイル展はセンスの良い商品が多く、良い感じのブースも多く並んでいます。
今回は極力シンプルに、ブースも造り込まずシンプルに。伝えたい事だけをキャッチに。
商品数も多く置かず丁寧に見ていただけるブースデザインにしました。

インテリアライフスタイル展の会場はゆったりとした通路幅で遠くからでもブースが目に入りやすいです。今回 Vintageさんのブースは壁面も展示台も真っ黒。壁面にはカッティングでシンプルに会社名と一言のみ。展示台の天板は白にし、遠くから見ると商品だけが浮いて見えます。シンプルですがかなりかっこよくインパクトがあります。

上部梁には照明を取り付け器具も黒を使用。スポットライトで展示台上の商品と壁面文字のみあてるようにしています。展示台は内照式のように見えるくらい光を反射し、商品にフォーカスされます。

会期中は遠くから、何だろう?と近づいてくる来場者が多く見られました。
商品も多く置かず、一つ一つ丁寧に並べることにより、来場者は一つ一つ丁寧に手に取って商品を見てくれる効果がありました。Vintageさんの丁寧にものづくりをしていること、とにかくかっこいいイメージをこのブースで表現できたと思います。
インテリアライフスタイル2019の展示会ブースデザイン装飾
黒の壁面から白いカッティングの文字が際立って見えます。
インテリアライフスタイル2019の展示会ブースデザイン装飾
まるで内照式展示台のように展示台天板の白が光の反射で輝いています。
インテリアライフスタイル2019の展示会ブースデザイン装飾
商品一つ一つを丁寧にディスプレイ。キャプションも並べています。
インテリアライフスタイル2019の展示会ブースデザイン装飾
商品が宙に浮いているよう。シンプルですがかなり目を引きます。
インテリアライフスタイル2019の展示会ブースデザイン装飾
会期中はたくさんの人がブースに立ち寄り、商品一つ一つを丁寧に見ていられました。

著者プロフィール

竹村 尚久
竹村 尚久SUPER PENGUIN株式会社代表取締役|展示会プロデューサー/デザイナー
兵庫県姫路市生まれ。法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修了。一級建築士。1996年4月・五洋建設株式会社入社。2005年6月・インテリアデザイン事務所ディーコンセプトデザインオフィス(現・SUPER PENGUIN株式会社)設立。2006年5月・東京インテリアプランナー協会 理事就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2008年5月・東京インテリアプランナー協会 副会長就任 / インテリア系展示会IPEC/JAPANTEX実行委員会。2012年9月東京造形大学 非常勤講師(~2018)

2022.10.24(金)@大阪|"最強の結果"を出すブースデザインセミナーご予約受付中

METHOD/TOKYO 展示会「出展者向け」セミナー

「最強の出展結果」を出す展示会ブースデザインの手法

METHOD/は、当社が日頃ブースのデザインを行っている中で、この手法を用いれば集客に成功する、と実感した手法、実際に集客に成功した手法をとりまとめてお伝えいたします。常に出展者に寄り添い、共に「出展成功」を考える立場だからこそ気が付くこと、展示会ブースを行う立場だからこそ気が付くことをお伝えいたします。