今週開催のギフトショー。
当社は、中小企業基盤整備機構様のUXU(ゆう)ブースを担当しています。
このブースは、毎年秋のギフトショーで開催されるNIPPONQUALITYの縮小版のようなイメージです。
6小間サイズに10社の参加。

NIPPONQUALITYとの差別化、また春夏のイメージをだすために、壁面全体のグラフィックをやさしい色使いにしています。

ギフトショーブースデザイン

ギフトショーブースデザイン 中小機構


ギフトショーブースデザイン 中小機構

今回も、出展者の方々には事前に講習を実施。
出展者説明会の際に、ブースの考え方と使い方を解説。
会期中にはどのように待つか、立ち位置なども説明を行いました。
今回も出展者の皆さんの立ち位置(待ち位置)は中央のカウンターにしています。

ギフトショーブースデザイン 中小機構

ギフトショーブースデザイン 中小機構

ギフトショーブースデザイン 中小機構

各出展者の展示スペースは、ごちゃごちゃとした印象にならないよう、設置範囲を事前に指定し、周囲に余白を持たせるようにデザインしています。また、社名板のデザインを揃えることで、全体の統一感を徹底。
加えて、各出展者の方には事前に「装飾計画届」を出していただくことで、ディスプレイの様子を事前に確認するようにしています。
このような集合ブースの場合、全体の統一感のコントロールと、ブースの使い方(特に待機方法)の事前講習が必須だと個人的には考えています。1社だけのブースより集合ブースの場合、有利なようでいて抑えるべきポイントは多くなります。

まずは当社の実際のブースを見てみませんか?

現場でご案内します。直近の展示会。

当社がご提案するのはブースの「デザイン」ではなく「展示会出展に成功するためのデザイン戦略」です。
御社にとって、私たちに何ができるのか。会ってみないと分からない部分もあるかと思います。当社はこちらから電話等で営業をすることは一切ありません。もし、気になって「話を聞いてみたい」と思われたら、是非、ご連絡ください。